第8回高校生外国語
暗唱コンテスト

8th Ansho Contest


2017年11月5日(日)

午前10時開始

長崎国際大学4101教室

    当時は大学祭2日目となります

    後援:佐世保市教育委員会、 (公財)佐世保観光コンベンション協会

     

    応募要項

    申し込み期間:8月1日〜10月1日  

     

    開催目的

    • グローバル化が進展する現在、言語をマルチに扱う人材育成が急務であり、そのスキルを発揮する場を若い世代に与える良い機会となります。
    • 普段は触れ合えない他校の生徒さんと交流し発表を聞くことで、高校生自身の語学スキル習得に対する向上心を芽生えさせることできます。

    開催要項

    対象言語:英語、韓国語、中国語

    審査基準:

    1. 発音、イントネーション
    2. ジェスチャー
    3. 流暢さ、記憶力
    4. 感情表現

    発表者の持ち時間は5分になります。Presenters have a limit of 5 minutes in which to present.

    表彰:各部門上3位に賞状および副賞(商品券)進呈

    (1位 3万円・2位 2万円・3位 1万円)

    その他奨励賞および参加賞あり

    実施方法:文章(以下のリストから選択)を事前に暗記する

    暗唱のテキスト(英語部門)

    1. A Baker's Dozen
    2. Heron and Hummingbird
    3. The Two Frogs
    4. Adapt to Make the Wold a Better Place
    5. Do Schools Kill Creativity?

    暗唱のテキスト(韓国語部門)

    1. 힘내라! 아기고래 がんばれ ちびくじら
    2. 견우와 직녀 牽牛と織女(七夕のお話)
    3. 흥부와 놀부 フンブとノㇽブ

    暗唱のテキスト(中国語部門)

    1. 斗笠地藏的故事 (テキスト1)
    2. 滴水穿石的启事 (テキスト2)
    3. 井底之蛙 (テキスト3)

    注意事項 Terms and Conditions

    • このコンテストは、全ての高校生を対象としていますが、各高校の参加者は各言語部門に最大3名までとします。This contest is open to all students enrolled at a senior high school in Japan. Each high school is limited to a maximum of three students per language category.
    • 各部門共に定員に達し次第、募集を締め切ります。(英語部門定員25、 中国語部門定員10名、韓国語部門定員10名)。申し込み後に、エントリーを確認するメールが送られてきますので、内容をご確認ください。Contest applications will close once the limit for participants of each language section has been reached (English: 25 students, Chinese: 10 students, Korean: 10 students). After applying, an email confirming your successful entry into the contest will be sent.
    • 暗唱課題は、本学が指定するテキストから1種類を選択し、暗唱してください。Contestants must select one of the texts provided above to recite.
    • コンテストの際に撮影する写真は、本学のホームページにコンテストの紹介のため掲載する場合がありますので、ご了承ください。Participants allow Nagasaki International University to use their photo for future contest-related promotions.

    問い合わせ

    bvd*niu.ac.jp
    kawakami.n*niu.ac.jp
    * = @

    0956-20-5538 / 0965-39-2020

    主催:長崎国際大学 国際観光学科 Presented by the Dept. of International Tourism, Global Tourism Course